家庭教師で学力向上する子どもとは

学力向上は、子ども自身のみならず、どこの親もが願うところです。学校だけで学力をつけることが出来る子どもも実際いることは事実ですが、家庭教師のニーズはますます高まっています。家庭教師を利用しての個別指導を通し、苦手科目を少しでも改善したりマスターしたりしている子どもが多くいます。それとは違った理由になりますが、勉強自体また一定の教科が得意が故に学校だけの学習指導要領を基準としたレベルではもの足りず満足せずに更に高いものを求めて、家庭教師に依頼する場合もあります。

学力が低く親子ともに悩まれているような場合、学校だけの学習では受験や定期考査を考えた時不安なので、塾にしようか家庭教師にしようか迷うことになるでしょう。小学生の場合、定期考査はないにしても中高生になった時のことを考えると現時点で基礎基本的な学力が付いておらず不安なので、小さい今のうちからしっかり基礎基本を押さえていきたいからといった理由などで、学校以外の学習環境を求める親がいます。塾には合わないばかりか学力が付いていかない子どものタイプは、自分から質問や分からないところを進んで発言出来ない場合です。また活発な子どもかおとなしい子どもかに関わらず、周囲に必要以上に気をつかってしまう場合もです。

このような場合、塾より家庭教師を選んだ方が賢明です。教師の選び方は派遣会社を通してか個人で募集しているかで選びます。選ぶポイントとして、料金も重要です。教師が大人のプロか学生か、男性か女性か、学歴は学士かそれ以上かなど、子どもの希望する教科や性格などで最終決定することになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする