家庭教師のメリット・デメリット

勉強の成績は大事です。自分の娘さん、息子さんに家庭教師をつけようと思う親御さんは多いはず。では、家庭教師をつけるメリットはなにか?大きく2つあります。・一対一で話ができるこれは大きなメリットです。

質問や相談がしやすく、先生と生徒の距離が近づくことによって生徒側は心理的安定をも得ることができます。・通わなくても勉強ができる塾や学校、結構な頻度で家を出なければならないそれらと違って、家にいれば教えに来てくれます。自分から質問をしに行けない、他の生徒と一緒に学んでもなあなあにして終わってしまう、というような内向的なタイプの子には適した勉強スタイルだといえます。では、逆にデメリットはあるのでしょうか。

それも大きく分けると二つあります。・料金が高い集団塾に比べて割高です。家に来てもらうのですから仕方がないかもしれませんが、それでも…という場合は考えたほうがいいかもしれません。・先生に向き不向きがある先生側からも、生徒側からもそうです。

高学歴なのに教えるのはヘタという先生もいるし、どうしても生徒にとって相性の良くない先生というのも存在します。2つ目に挙げた、高学歴でも教えるのがヘタな先生は往々にして存在するので注意が必要です。どんどん先生を変えていけばいい、という問題でもありませんので最初に話した時に見極めましょう。どんな子供にも向き不向きがあります。

確実に成績が上がる方法はありませんが、良い家庭教師に巡り合えるようにしたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする