家庭教師の活用について

家庭教師は、様々な目的で活用されています。教室の授業形態では、本来の実力が身につきにくいタイプの生徒がいます。周りの雰囲気に圧倒されて、萎縮してしまうことによります。大勢の中で積極的に発言できるタイプの生徒であれば、それをバネに学ぶ姿勢も助長されますが、そうでない場合、発言できないことに悩んでしまうことによって、本業の学習が二の次になってしまうこともあります。

わからないまま授業が進行して、取り残されてしまうことにもなりかねません。家庭教師とのマンツーマンであれば、生徒からの発言や行動がないことには先へ進むこともできませんし、先へ進む時間的な制約も働くことはありません。すなわち、生徒自身のペースを尊重することができます。このような学習方法の補助としての活用の他に、学校の授業内容だけでは物足りず、更なる飛躍を求めて家庭教師を利用する場合もあります。

実力向上は、塾や予備校でも叶えられることではありますが、家庭教師の場合は、まさにペースは生徒自身に基づいた学習になりますので、進行度合いを自由な形で調整することができます。志望校への受験を目指すだけでなく、学習することそのものに興味を持たせるきっかけを与える点でも、家庭教師は、マンツーマンならではの持ち味があります。時に厳しく、時に優しく接する触れ合いの中には、理解できたときの喜びを分かち合える人がそばにいるというだけで、生徒にとって励みになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする